NBOX 燃費

N-BOXの燃費

N-BOXの燃費は!?数値以上に評価のできるNBOXの燃費!

ホンダはNシリーズの1つとして、N-BOXを2011年の12月の半ばごろから販売しておりますが未だ好評を博している。
その理由の一つに、N-BOX、N-BOX CUSTOM、N-BOX+、N-BOX+CUSTOM、N-BOX SLASH、N-BOX Modulo Xと、このようにラインナップを豊富にし、より多くのニーズに答え車ファンを魅了させているのでしょうか。
では、何がそんなに惹かれてしまうのだろう。
ズバリ、軽快な走りと低燃費を上手く融合させ納得のいくモノに仕上げたからこその人気なのです。

 

N-BOXの燃費を見比べてみましょう

JC08モード燃費
・N A   23.6km/L〜25.6km/L
・ターボ 21.4km/L〜23.8km/L

 

それなら、実燃費も見てみましょう・・。

 

口コミなどの実燃費を調べて見ると、
12.0km/L〜18.0km/Lあたりが平均的な乗り方としての数値がでていますが、NAとターボと比べてもNAの方が2〜3km/L長くなっていました。

 

NAの実燃費 14.0km/L〜18.0km/L
ターボの実燃費 12.0km/L〜16.0km/L・・(もちろん走り方のよって、それ以上もあれば、それ未満の場合もあります)
ホンダ特有の力強い走りを堪能するのに価値がある燃費だと思います。
私のNBOXの燃費も見事にこれに入ります。(って、当然ですね。。。)

 

軽自動車でこれだけの走りができるのであれば、この燃費は標準とも言えますが、この数値ではホンダとしては、決してまだまだ満足のいく結果ではないのです。
不満ありし・・といったところです。
とにもかくにも、ライバルであるダイハツ・タントの方が燃費を抑えられており、上場の好感度でボディーの外見も負けていません。
競合相手は、これだけではありません。
トヨタピクシス・スペース、ピクシス・エポックスズキスペーシア、ワゴンRなどといった車種も燃費を比較しても上を行っています

 

 

N-BOXは燃費数値以上のものを持っている!

 

ライバル他車に比べ若干燃費が悪いのには、ちょっとした理由があるのです。

 

まず・・
他と比べると車両重量が重いので負担が掛かってしまうこともあり、なんといっても数十キロもの差があるとやはり抵抗がありますよね。
そしてこれ以上に、スピードを好む人にとっては、馬力があることはとてもパワフルで羨ましい限りなのですがその分、力を発揮させるためには相当の燃料が必要になります。

 

この馬力もN-BOXがどの軽自動車よりも上回っていること
数馬力の差があるということは想像しても簡単には判断できないと思いますが、簡単に言うとエンジンの回転数が高いということです。
更に、トルクも数kgm上回っています。
燃費を抑えようという気持ちが『まぁ〜まぁいい燃費だ』と考え、とりあえず良しとするならば、快適な走り、力強い走りを求めながらも最高に燃費を抑えられているモノといえます。
・・だが燃費を最も重要視する人なら物足りない感じがするかもしれませんね。

 

どうしても低燃費を重要視したい人には、車の走りの部分よりも、エコドライブの方を好む・・いわゆる優良ドライバーでしょうか!?
このような人は、きっと運転免許証もゴールドなのだろうな?・・・
・・それでは、本題に戻ります。

 

N-BOXの燃費に関するまとめ

パワフル、且つ、数値以上の大満足の燃料に抑えられるのは、”N-BOX”と思って頂いてもいいぐらいです。
結局、数字よりも体感した時に満足できることが一番大事なのです。
つまり、燃費と走りを程よく持ち合わせたものが、今の最大技術なのです。
低燃費だけを考慮しても、本当の車ではないと思う。

 

でも、
ハッキリ言って・・燃費に関しては、他社に追い抜かれているのが現状です。
でも、今まで開発を重ねてきたからこそ、またこれからも更に進化したものが生み出されるのです。

 

これまでに、登場してからマイナーチェンジを繰り返し行うことで、燃費を向上させてきました。

 

そしてN-BOXは、販売当初から拘り抜いて選ばれたエンジンを搭載している。
それは、同様の軽自動車に使用されていたP07A型エンジンからS07A型エンジンに変更したこと。
これらのエンジンはライフ、ゼストなどに搭載していたものだが、更なる軽量化故に低燃費を掲げ最高出力を放つワンランク上をいく画期的な発明が進化したのです。

 

勿論、実際に走ってみないと分からないと思いますが・・
でも、走ってみると数値以上の評価は証明できます。

 

 

NBOX値引きのための2ステップ!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ